元素の立体周期表 Elementouch(エレメンタッチ) Yoshiteru MAENO(前野 悦輝 / まえの よしてる) Kyoto University

エレメンタッチのつくり方

身近な材料で簡単に制作できます。教材としての利用も歓迎です。

簡単バージョン *2021年1月5日更新

缶のいらないバージョンです。透明シート(OHPシート)に1枚印刷するだけで、エレメンタッチができます。(透明シートが無ければ、普通紙でも可。)

型紙

作り方

缶のいらないバージョン

コーヒー缶を使うバージョン1(190ml缶用) *2020年3月30日更新

科学イベントで皆さんに製作していただいているバージョンです。ペン立てとして使えます。

型紙

作り方

コーヒー缶を使うバージョン1

手順は以下のとおりです。

1.
【型紙sp】【型紙df】を、印刷してください(spは紙、dfは透明なシート)。空き缶、はさみ、セロテープを用意します。
1
190ml用のコーヒー缶。缶切りで蓋を外してください。切り傷で手を傷つけないように注意してください。
2.
【型紙df】は、dとfに切り分け(上がd、下がf)、外枠の線に沿って切ってください。【型紙sp】には、名前記入欄もあります。
2
3.
【型紙sp】の端をセロテープで缶に固定し、型紙を缶に巻きつけます。
3
4.
境目を上から下まできっちりと貼り付けましょう。
4
5.
【型紙d】の片端を、セロテープで缶に固定します (原子番号順に揃えましょう)。表面と裏面の両方から、固定してください。
5
6.
【型紙sp】の周りにふわりと重ねるように包ませて、【型紙d】の両端を揃えてセロテープで缶に固定します。
6
7.
5~6と同じ手順で【型紙d】の周りに【型紙f】を固定してください (原子番号を順番通りに揃えましょう)。
7
8.
出来上がりです。原子番号が1から118までつながっていることを確かめてください。型紙の色を変えても楽しいですね。
8

コーヒー缶を使うバージョン2(350ml缶用)

  • 2012年7月28日の朝日新聞に掲載されました。
  1. 型紙 [普通紙用] を、ふち無し全面印刷してください。型紙全体がA4版用紙に収まります。
  2. 下記PDFファイル「『エレメンタッチ』を作ろう」に沿って、350 ml缶に巻きつけてください。

型紙

コーヒー缶を使うバージョン2
ページのトップへ戻る